ホクロやイボのご相談は美容皮膚科・皮膚科「くめ皮ふ科クリニック」
left
space
フラクセル フラクショナルレーザー
HOME > 形成外科 > ホクロ・イボ

ホクロやイボにはいろいろな種類があり、その他の良性の腫瘍であったり、稀には悪性の腫瘍であることもありますので、それぞれの治療方法は異なりますが、そのほとんどは治療が可能です。
治療方法に関しては、患者様の希望をふまえて相談して決めてまいりますのでお気軽にご相談ください。
当院では治療のあとが残りにくい、スーパーパルスCO2レーザーを用いた最新の治療も行っております。

イボ

  • いぼは良性の腫瘍なので、あまり恐れる必要はありませんが、中には治療の必要なウィルス性のものや、イボに似た皮膚ガンの場合もありますので、気になる場合は自己判断せず、専門医にご相談下さい。

ほくろのガン

  • メラノーマと呼ばれる皮膚ガンの場合は専門医での診断治療が必要です。
    ほくろが急に大きくなってきたり、形や濃淡の変化がでてくるなど、気になる事があればすみやかに皮膚科専門医の受診をお勧めします。

ホクロやイボの治療方法

スーパーパルスCO2レーザー

ほくろやイボを取り除く治療として、当院では最新のスーパーパルスCO2レーザーを導入していますので、周辺組織への影響も少ない上に痛みも少なく、患者様の負担が少ない短時間での治療が可能です。
良性のほくろは、放置していても問題はありませんが、美容上、気になる方は、治療のあとが残りにくいスーパーパルスCO2レーザーで除去します。

治療後の注意点

  • ほくろやイボを除去した後は、紫外線により色素が沈着しやすくなりますので、UVケアが大切です。
    当院では、アフターケアについても丁寧にお伝えしています。

イボの症例写真

イオン導入の症例 フラクレス(フラクショナルレーザー)症例の施術後 イオン導入の症例
     
kume derma clinic