しわ・たるみのご相談は美容皮膚科・皮膚科「皮ふ科 眼科 くめクリニック」
left
space
フラクセル フラクショナルレーザー
HOME > 美容皮膚科 > しわ・たるみ
しみ・そばかす

顔(目の下やまぶた、頬)に表れるしわやたるみは加齢や生活環境によって発生します。

当院では、ヒアルロン酸やボトックス(ボツリヌス菌)の注入による注入療法や、ポラリス、フォトRFなどの最新式の美肌治療マシンにより治療を行います。

しわ・たるみの原因

  • 紫外線
  • コラーゲン、エラスチンなどの肌の弾力線維の変化
  • 乾燥による水分不足
  • リンパの流れが停滞するなどの、内分泌からの新陳代謝異常
  • 強力に脂分を取り去るクレンジング剤
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • タバコ

一般的なしわ・たるみの種類

小ジワ
皮膚機能の低下などの内的要因と、紫外線や乾燥などの外的要因が重なってできます。
小ジワができやすいのは、皮膚が薄く、皮脂の分泌量が少なくて、筋肉の運動量が多い目や口の周りです。
小じわにはポラリスやフォトRFが有効です。
また、ヒアルロン酸を注入すると即効果を目の当たりにすることができます。
大ジワ・タルミ
肌の弾力低下によるシワで真皮層にあるコラーゲンやエラスチンの衰えによって現れてきます。たるみによるものです。
一度できてしまった大ジワは、残念ながら無くなることはありません。小ジワを放っておくと大ジワになりますから小ジワの正しいお手入れが大切です。
大ジワにもポラリスが有効です。ヒアルロン酸の注入により、目立たなくすることも可能です
表情筋の衰えによるシワ
日常の表情のクセや表情筋の衰えにより現れてきます。
シワは表情ととても密接な関係があります。いつもしかめっ面をしていると、眉間や額にシワができてきます。
こういった表情筋によるシワは、ボトックスで消すことが可能です。
しわ・たるみに有効な治療

― 「Polaris」による治療 ―
ポラリス

ポラリス

■ しわ・たるみと同時にしみやくすみも解消

ポラリスはダイオードレーザーとRF(ラジオ波)を同時に照射します。
光エネルギーと電気的エネルギーを組み合わせることで、メスを使わずに顔の肌を引き締め持ち上げて、しわとり・タルミ解消効果を高くする、画期的な美肌治療です。
皮膚のたるみが持ち上がるので手術以外では難しかったほうれい線や目尻の深いしわがなくなったり、リフトアップによってフェイスラインがシャープになり小顔になるなど、幅広い層に支持を受けています。
1回でも肌がピンッと張るので、「切らないフェイスリフト」といわれています。

顔だけでなく、体のたるみにサーマクール以上の効果があると期待の持たれる機械です。
また、ほかのリフトアップマシンと比べて痛みも少なく、施術に要する時間も約30分程度です。

― 「Refirme」による治療 ―
リファーム

ポラリス

■ たるみに即効性のある痛みの少ない治療

シワ、たるみの原因のひとつとして、加齢・紫外線の影響・ストレスなどによって、お肌の真皮層にあるコラーゲン等が減少することがあげられます。
フォトRF リファームは、赤外線+RFのダブルエネルギーを肌の奥まで届けることで自己のコラーゲンを増やして、たるみを改善させ、お肌のハリが甦り、肌が元気になります。


赤外線とRF を組み合わせた治療は、安全性と効果が立証されており、現在世界各国で注目されています。

― 「Fraxel」による治療 ―
フラクセル3D

フラクセル (フラクショナルレーザー)

■ 皮膚再生(肌の若返り)の最先端の治療

フラクセルはしわやたるみをはじめ、しみ・くすみ・ニキビ跡や毛穴の開きなど、加齢や紫外線などによる肌の様々なダメージを改善し、4〜6回の施術を行う事でお肌を段階的に、肌そのものを新しい肌に入れ替える施術です。
これまで肌の『改善』にとどまっていたアンチエイジング治療を、フラクセルにより『改善』ではなく『取り替える』ことができるようになったのです。

皮膚再生(肌の若返り)の治療の中では最先端の治療であり、かつレーザーを使用した治療方法としては画期的なものです。

― 「Foto RF オーロラ」による治療 ―
フォトRF

フォトRF オーロラ

■ 最新式光治療機器

フォトRFは、2つのエネルギー、APL(光エネルギー)とRF(高周波エネルギー)を組み合わせ、安全にお肌の奥深くまでエネルギーを浸透させることができる美肌治療器です。
従来のレーザーや、これまでの光治療とは全く異なった概念で肌に張りを回復させて、「シミ」「くすみ」「毛穴の開き」をとり、「そばかす」「ニキビ」「赤ら顔」「たるみ」なども同時に改善する新しいタイプの光と高周波の治療機械です。
月に1回あてるだけで、お帰りには普通にお化粧もできますし、ガーゼをあてる必要も全くありません。
RFにより、光だけでは難しかった細い毛の脱毛も可能になり、ハリ・透明感のあるクリアなお肌を実現できます。

Vビーム

フォトRF オーロラ

■赤あざや赤ら顔に効果を発揮!

最新式ダイレーザーVビームは赤い色素に反応するので、赤アザや血管拡張、赤ら顔などの赤い色素系の疾患の改善に非常に効果的です。
従来のダイレーザーに比べ若干波長が長いため、より深くまでレーザー光が到達して より深部の毛細血管を破壊することが可能です。

Vビームには瞬間的に皮膚を保護する冷却装置が付いていますので痛みも少なく、治療後にカサブタや赤みなどのトラブルも少ないので、治療後は通常通り、洗顔やメイクも可能です。

LED (発光ダイオード)

フォトRF オーロラ

■ 新開発したLEDによるノンダメージのセラピー

EDとは、Light(光)Emitting(放つ)Diode(ダイオード)。

LED(発光ダイオード)を光源とし、リジュビネーション(若返り)を中心に、様々な肌のトラブルに適応した波長の光を浸透させることにより、皮膚にダメージを与えることなく、肌本来の自然な改善・回復が期待できます。
LEDの光を浴びるだけで皮膚の細胞が活性化されます。
熱を発することなく、光のみ照射するので、肌にダメージが全くありません。
一度に5波長まで同時照射が可能で、この5波長を組み合わせてコースを設定することができ、患者様の肌のトラブルに合わせて施術できます。

イオン導入

ケミカルピーリング

■ イオンの力で、肌にトリートメント効果

人体にほとんど感じないほどの微弱な電流を流すことによって、イオン化したビタミンC誘導体を効率よく皮膚内に浸透させ、ビタミンCの持つメラニンの合成阻害や皮脂分泌の抑制効果により色素沈着やにきびの治療を行うものです。

シミやシワ、ニキビを改善する鍵は真皮層に潜んでいます。
肌のハリや弾力をささえるコラーゲンやエラスチンなどの線維があるのは、真皮層。そしてシミのもと、メラニンを作り出すメラノサイトや、ニキビの原因を作る皮脂腺も真皮層に近い基底層にあります。
つまりこうしたトラブルの原因に働きかけるためには、ここまで効果を届けるケアが必要なのです。
イオンの働きで、皮膚組織にはなじみにくい栄養成分をダイレクトに素早く吸収させていきます。

ソルトピーリング

ケミカルピーリング

■ 「 塩」を用いたお肌に優しい新しいピーリング

ソルトパウダーを吹き付け、肌トラブルを速やかに改善していきます。
治療後の肌は、赤味もなくつるつる!術後は、しっとりと潤いのある素肌に生まれ変わります。

ソルトパウダーを用いたお肌に優しいソフトピーリングですので、薬品を使用するケミカルピーリングが受けられなかったという敏感肌の方も安心です。

― 「グリコール酸」による治療 ―
ケミカルピーリング

ケミカルピーリング

■ 角層を取り除き、皮膚の再生を促す

肌にグリコール酸などの薬剤を塗り、角層の一部を取り除くことによって、皮膚の再生を促し、にきび・しみ・小じわなどの改善を促す治療方法です。所要時間は30分程度です。ケミカルピーリング後は、保湿と遮光を心がけて下さい。また角層の一部を取り除くことによって皮膚の透過性が亢進しますので、イオン導入や各種クリームを組み合わせますと一層効果的です。

ヒアルロン酸注入

ケミカルピーリング

■ ヒアルロン酸注入でふっくらと若返り

コラーゲンに代わる注入剤として、最近注目されているのが「ヒアルロン酸」です。
もともと体内に存在し、肌のハリや弾力を保つのに欠かせない成分で、アレルギーの心配もなく、コラーゲンよりも少し長持ちします。
皮膚のシワの下に注入して、シワで萎んでいる部分を盛り上げて目立たなくします。

「整形」というよりも、「肌のハリを少し元に戻す 。」という感覚でお手軽に注入していただけます。

ボトックス(BOTOX)

ケミカルピーリング

■ 筋肉の収縮を弱める治療法

顔の表情を作り続ける事によって発生する額や眉間のシワ、目じりのシワなど表情筋によって作られるシワにはボトックスが効果的です。

アレルギーの心配のない人体に無害のタンパク質で 表情筋(顔の表情を変えるときに動く筋肉)の収縮を弱めることによって、シワの発生をなくします。

kume derma clinic