レーザー脱毛のご相談は美容皮膚科・皮膚科「皮ふ科 眼科 くめクリニック」
left
space
フラクセル フラクショナルレーザー
HOME > 美容皮膚科 > レーザー脱毛
しみ・そばかす

当院使用の脱毛レーザー(米国キャンデラ社製)は永久減毛装置としてFDA(米国食品医薬品局)の認可を受けたレーザー装置です。

FDAによると「永久減毛」とは一定の脱毛治療を行った後に再発毛する本数が長期間において減少、すなわち脱毛治療によって減毛された状態が長期間に渡って維持されていることと定義付けされています。

このレーザーでは長期間の臨床研究によってこの効果が証明されております。

脱毛のしくみ

毛は多くのメラニンを含んでいる

メラニンのみに吸収されやすい特性を持つレーザーを照射すると表皮には反応せず毛根付近のメラニンのみに反応し、メラニンからの熱により毛根や毛包にダメージを与えます。
結果として毛の再生を遅らせたり、生えにくくしたりします。

毛には成長期、退行期、休止期の毛周期があり、メラニンの少ない休止期ではレーザーはほとんど反応しません。毛の成長サイクルにあわせてレーザーを数回繰り返し照射する必要があります。

治療を受ける際の注意点

  • レーザー脱毛による効果および反応には個人差があり、年齢、毛の太さ、肌の色によっても異なります。また肌の状態、体質によってはレーザー脱毛をおすすめできない場合もありますので、まず、医師の診断を受けてください。必要に応じてテスト照射も行います。
  • レーザー照射前に日焼けなどによる皮膚の炎症がありますと、軽いやけどの原因になりますので、炎症が治まってからご来院ください。
  • 抜毛処理をしてからすぐですと、毛包内に導火線となる毛がありませんので、抜毛処理をしている方は剃毛に変えてください。

レーザー脱毛の症例

     
フラクショナルレーザー(フラクセル)の症例 毛穴 フラクレス(フラクショナルレーザー)症例の施術後 フラクショナルレーザー(フラクセル)の症例 毛穴
     
脱毛に有効な治療

アレキサンドライトレーザー

■ 表皮を守るための冷却ガスを吹き付けながらレーザーを照射

当医院では、脱毛用としてFDA(米国食品医薬品局)の認可を得た医療用アレキサンドライトレーザーを使用しております。

医療用として開発された装置ですので、安全面には十分な工夫がされています。
表皮を守るための冷却ガスを吹き付けながらレーザーを照射するので安心です。

皮膚の状態によっては照射後色素沈着の可能性がありますが、その場合は外用薬を使用することもあります。

フォトRF オーロラ

最新式脱毛レーザー機器「Gentl eMaxPro」による治療

アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーという2種類のレーザーが実装された最新式のハイパワーレーザーです。

照射スポットサイズが大きくなりずっとスピーディになり、また最新冷却技術により、痛みもより軽減されるようになりました。

今まで以上に効果的で無駄のない、最短期間での脱毛治療を受けて頂くことが可能になりました。

― 「Foto RF オーロラ」による治療 ―
フォトRF

フォトRF オーロラ

■ 最新式光治療機器

フォトRF(オーロラ)は、2つのエネルギーAPL(光エネルギー)とRF(高周波エネルギー)を組み合わせてお肌の奥深くまでエネルギーを浸透させて、安全にお肌のハリ回復、美白や脱毛治療を行う美肌治療です。

従来のレーザー脱毛では不可能とされていた「毛の色や質に左右されない脱毛」が可能になりました。

kume derma clinic