接触皮膚炎のご相談は美容皮膚科・皮膚科「くめ皮ふ科クリニック」
left
space
接触性皮膚炎
HOME > 一般皮膚科 > 接触皮膚炎

接触皮膚炎(かぶれ)は、皮膚に接触した物質が原因で起きる湿疹・皮膚炎全体を指し、皮膚科の外来では最も頻度の高い皮膚病のひとつです。

接触皮膚炎の種類

刺激性接触皮膚炎(急性毒性皮膚炎)

酸・アルカリ等の化学物質や洗剤、灯油やガソリン、昆虫などが原因となる湿疹で、誰にでも起こりうるものです。

アレルギー性接触皮膚炎

特定の人に特定の物質で起きるもので、化粧品や衣類、ゴム製品、ウルシ、銀杏、菊、マンゴーなどが原因物質としてあげられます。
ピアスや時計など、金属かぶれはその代表です。

接触皮膚炎を繰り返すと、慢性疾患になる可能性もあるので、早期に皮膚科専門医の受診をお勧めします。

かぶれの原因となりやすいもの

  • 化粧品、草花、洗髪料、ゴム製品、アクセサリーなどの金属、革製品や、その加工過程で使われる化学物質、植物、果物、外用薬、消毒液など無数にあります。

原因物質に触れないようにする

  • 接触性皮膚炎は、何よりも原因となる物質に触れないことが一番の治療です。
    特にアレルギー性接触皮膚炎では、原因物質に触れるとほぼ間違いなく再発するため、より一層の注意が必要です。
  • そのためには、原因物質を知る必要がありますので、早めに皮膚科を受診して原因物質を推定し、原因物質が含まれている製品を確かめる事が大切です。当院では、その物質が含まれない代替商品など、発症しないためのアドバイスも行っております。

 

原因物質を知るためのテスト

  • アレルギー性のかぶれの原因物質を知るためには、パッチテストがあります。
    原因となりえる物質は無数に考えられますが、症状や経緯から物質を推測し、考えられる物質を皮膚に貼って、反応を見るものです。

 

適切な薬による治療

  • 接触性皮膚炎と診断された場合は、すぐにステロイド外用薬及び抗アレルギー剤又は抗ヒスタミン剤内服で炎症をとることが大切です。早期に適切な処置をすれば短期間で完治できます。長引かせないことが大切です。
    広範囲にわたる激しい症状が出ている場合は、ステロイド剤内服を短期間行う場合もあります。

 

日常の注意点

  • かゆみがある場合、引っ掻くことを繰り返すと治りにくくなりますので、かゆみを抑える薬を医師の指示通りに正しく使いましょう。
    手の皮膚炎の場合、手袋やハンドクリームの使用が効果的です。
    入浴時は、熱いお湯を避け、柔らかいタオルで洗うなど、皮膚を強く刺激しないようにしましょう。

 

接触皮膚炎の症例

接触性皮膚炎の症例 フラクレス(フラクショナルレーザー)症例の施術後 接触性皮膚炎の症例
kume derma clinic